snow white

肌の美白について

肌の美白で大切なことは、できるだけ太陽の紫外線を浴びないようにすることです。
無防備なまま紫外線を毎日のように、長い間浴びていいれば、肌はどんどん黒くなります。
透明感のある白い素肌にするためにも、白い状態を守るためにも、紫外線から素肌を守ることは大切です。
外出をする時にはもちろん、室内にいても窓から紫外線は差し込みます。
曇りの日でも、夏の時期以外でも、紫外線は容赦なく降り注いでいます。
ですから、季節や場所を問わず、日焼け止めクリームは塗るようにすることです。
室内の予防に関しては、窓ガラスを思い切って、UVカットにしてみるのもよいでしょう。
美白のためには、皮膚の新陳代謝を向上させることも必要です。
代謝が良くなることで、メラニン色素をスムーズに排出することにもつながります。
女性は特に体に冷えを感じやすいですが、体温を上げる努力をして冷え性も解消しておきましょう。
臓器が順調に働くのは、体温が36.5度だと言われています。
これよりも低いと、体内に不要な毒素や老廃物もたまりやすくなります。
肌のターンオーバーを順調にするためにも、体は温めることです。
入浴をしたり運動をするのもいいですし、体を温める食べ物を食べるのも良い方法です。

美白と呼ばれる肌について

肌が白く美しい美白に憧れている女性は多いと思います。
ですが、肌の色はメラニン量とヘモグロビンの量で決まっていて、メラニンが多い人程地黒と言われる肌の色をしています。
肌の色が白く秋田美人とよく言われますが、メラニン量が少ない体質が受け継がれてきた事と、日照時間の短い県という理由があげられています。
メラニン量が少ないと、日に当たると肌が赤くなりやすく、傷ついた遺伝子を修復する力が弱いためシミができやすいともいえます。
その半面地黒と言われる肌の人は修復力も強くシミは出来にくいです。
どんなに頑張っても生まれながらに色白な人のような肌になることはほぼ不可能といえますが、メラニンの生成を抑える事で普段日の当たらない箇所の肌色に近づけられる可能性はあります。
肌表面のケアはもちろん大切ですが、中からもケアする事が大切です。
美白といえばビタミンCを耳にしますが、 ビタミンCにはメラニンの生成を抑える働きがあります。
水溶性で水に溶けやすく余分に摂取した分は尿から排出されます。
そのためとりすぎても害はないので、意識して多めに摂取するのがお薦めです。
ビタミンEは若返りのビタミンとも言われ、美白肌のダメージ予防に効果を発揮します。
ビタミンAは肌のハリツヤを良くするので、日焼け等でダメージを受けた時には積極的に摂取するのがお薦めです。

おすすめWEBサイト 8選

カプセルホテル 東京
http://sugamo-capsule.com/

フォーミュラE
http://evracing.jp/

エアコンクリーニング 愛媛
http://mls-ehime.com/

千葉 メンズエステ
http://aromacuas.ii-esthe.net/

栃木県 インプラント
http://www.oikawa-implant.com/

海外ボランティア
http://lockesdistillery.com/

菊川 歯科
http://iwataya-dental.com/

茨城 税理士
http://ibarakikensei.q-tax.jp/

最終更新日:2016/7/7